特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームとは?入居条件や費用、メリット・デメリットを解説!

特別養護老人ホームとは、公的機関が運営する介護サービスを行う施設のひとつで、介護老人福祉施設と呼ぶこともあります。
公的施設のため安い利用料で入居することが可能で、自分で生活していくことが難しい病人や障碍を持っている人もサービスを受けることができます。
食事や入浴、排泄などの日常生活での介護を常時してもらえ、費用に対して受けられるサービスが充実しています。

 

寝たきりや認知症などで、自宅で生きていくことが難しい人でも利用することができ、安価で利用できることから、常に入居希望者が後を絶たないほど供給が足りない状態にあるのが現状です。
つまり、入居を申し込んでから実際にサービスを受けられるようになるまで待機する必要があります。

 

特別養護老人ホームの入居条件や費用について

特別養護老人ホームとは?入居条件や費用、メリット・デメリットを解説!

特別養護老人ホームの入居条件は、65歳以上の要介護3から5の要介護者が原則として利用でき、要介護1から2の方は原則として利用できません。

 

要介護1〜2の場合でも、重度の認知症や知的障害、家族による深刻な虐待などがある場合は入居することができます。
40歳から64歳までの方も、16種類の特定疾病で生活が困難であれば認められます。

 

特別養護老人ホームの費用の目安は、介護保険の自己負担分や居住費、食費などを合わせても10万円ほどに抑えることができます。
居室タイプは、多床室や個室など幾つか種類があり、自分の入居すしているものによっても費用は異なります。

 

また、要介護度が高くなるにつれ、負担する料金もあがっていきます。

 

・利用は65歳以上の要介護3から5の要介護者
・毎月の利用料は10万円ほど

 

特別養護老人ホームのメリットやデメリットについて

特別養護老人ホームとは?入居条件や費用、メリット・デメリットを解説!

特別養護老人ホームのメリットは、費用が安いことです。
入居にかかる際の初期費用も0円で、他の介護施設よりも安価で利用することができます。

 

自宅で自分が介護するには厳しいほどの重度の要介護者の場合でも託すことができるのもいい面です。

 

また、一度入居すれば長期で利用することができ、終身目的で使うことができるので、費用の安さもあり安心できるのも利点です。

 

特別養護老人ホームのデメリットは、入居がするのが難しいことです。

 

以前は費用が抑えられ安心して利用できることから人気のため供給が足りていませんでした。
しかし、2015年4月に制度が変わり要介護3以上の介護がより必要な人が優先されるようになったため、限られた人しか入居できなくなりました。

 

メリット

毎月の利用料が安い

デメリット

誰もが入れるわけでなく、希望しても入居できないケースが多い