介護付き有料老人ホームとは

介護付き有料老人ホーム,メリット,デメリット

介護付き有料老人ホームとは介護が必要な状況になった高齢者を、24時間体制で専門の介護スタッフが日常生活のサポートを行ってくれる入居施設になります。

 

原則的に施設内はバリアフリーになっており、浴室も機械浴などが整備されて介護の必要性が重い場合でも安心して介護が受けられる環境が整っています。

 

施設によって特徴は様々ですが、日常生活リハビリが出来る環境だけでは無く、様々な娯楽を楽しめる環境も整えられている施設も少なくありません。

 

介護付き有料老人ホームの入居条件や費用について

介護付き有料老人ホーム,メリット,デメリット

介護付き有料老人ホームの入居条件は、運営している法人や企業によって違いが色々あります。

 

介護専用の場合は、要介護1以上で原則65歳以上からの入居になります。
介護状態が重くなっても入居したまま生活は継続できますが、病気や怪我で治療が必要になった場合には病院へ入院しなければなりません。

 

混合型の有料老人ホームの場合は自立や要支援の高齢者でも入居が出来、将来的に介護が必要になった時にもそのまま生活できるようにと元気な時から終の棲家として自ら自分が入居する介護付き有料老人ホームを選ぶ人もいます。

 

入居にかかる費用にも施設によって違いがありますが、基本的には入居一時金が必要な場合が多くなります。
毎月の利用料としては介護保険の自己負担金の他に、居室代や食費、管理費や水光熱費、その他の実費などが発生します。

 

入居一時金が発生しない料金体系になっていたり、月額費用を抑えた施設は人気が高くなっています。

 

・介護専用への入居は要介護1以上で原則65歳以上
・混合型の場合は、施設によってことなる

 

介護付き有料老人ホームのメリットやデメリットについて

介護付き有料老人ホーム,メリット,デメリット

介護付き有料老人ホームのメリットとしては介護が軽い状況から入居することが可能です。

 

入居後に介護状況が重くなってより介護が必要になってもそのホームでの生活が継続できる点にあります。

 

介護度が重くなると退所しないと行けなければ、将来的な不安がありますが身体的な重介護に関しては対応が出来る環境が揃っているのです。

 

特別養護老人ホームは要介護3以上が入居条件になっており、待機者も多い地域がほとんどです。
介護付き有料老人ホームは入居条件も厳しくない中で、自分の希望する特徴を持ったホームを探して入居しやすい点も魅力的です。

 

その反面デメリットとしては入居一時金が必要なホームが多い事や、毎月の利用料金が特別養護老人ホームなどに比べると高くなる事が挙げられます。

 

入居前には心身の状況や病気の確認だけでは無く、支払い能力が可能かを確認されるケースがほとんどです。

 

メリット

要介護度1から入居することができる

デメリット

特別養護老人ホームに比べると、利用料金が高い