グループホームとは

グループホーム,メリット,デメリット

グループホームとは正式名称を認知症対応型共同生活介護といいます。

 

認知症の診断を受けた人同士が少数で共同生活を送りながら、介護を受けつつこれ以上の認知症の進行が起きないようにするためのところです。

 

利用可能な人は通常は5人から9人までの要介護認定を受け、かつ認知症の診断を受けた人だけを対象とします。

 

共同生活介護を送るところですから原則として寝たきりの人は含みませんが、やむを得ない場合には入居をしている場合はあります。

 

また治療が必要で入院が長期になったりするような人も、入居出来ない場合が多いです。

 

共同生活介護を送ることが困難な場合たとえば周囲とトラブルを頻繁に起こすような人や暴言が激しいあるいは他者との協調性がないときなども、事業所側が断る場合があります。

 

グループホームの入居条件や費用について

グループホーム,メリット,デメリット

グループホームの入居は主治医によって認知症の診断を受けかつ要介護1以上の認定を受けた人が対象になります。

 

費用はほぼ一律であり介護保険法の規定通りの費用の他に、食事代やその材料費などが必要です。

 

入居条件にはこれ以外にも他者と共同生活を送ることが出来る人という条件があります。
暴言などを繰り返したりして共同生活を送ることが困難なケースなどは、グループホーム事業所側が断れる正式な条件の一つです。

 

さらに入院が必要な人や治療が必要な疾患を抱え、共同生活を送ることが難しい人も入居できない場合があります。

 

その他にも利用料の支払いが困難な人たとえば年金収入が乏しくかつ資産などがない場合も、断られる可能性が高いです。
事前によく説明を聞いて対応を考える必要が出てきます。

 

・入居条件は認知症の診断を受けた要介護1以上の方
・重い病気にかかっている場合は、入居ができないこともある

 

グループホームのメリットやデメリットについて

グループホーム,メリット,デメリット

認知症の患者でも共同生活を送れる人や少しの介護だけで対応が出来る人などは、このグループホームへの入居が出来ます。

 

メリットとしては家族が要介護者への介護から解放され、対応をしないで済むことが挙げられます。

 

また自宅介護の場合は認知症による徘徊などの問題が起こりえますが、このグループホームでは施設を施錠するなどしており、簡単には出入りができません。
つまり外への徘徊の恐れがほぼ起こり得ないことが挙げられます。

 

デメリットとしては入居した後で他の重大な疾患に罹患することで、入院等をする場合には退去を求められる可能性があります。
その他にも事業所の数が限られるため空きがなく、そもそも入居が出来ない地域もある点です。

 

メリット

認知症の人でも軽度なら入居ができる

デメリット

認知症の症状がひどくなったり、他の病気にかかった場合は退去しなければならないケースもある