ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

ケアハウス,メリット,デメリット

自立した生活を送ることが困難であったり、援助を求められる身寄りのないお年寄りが、様々なサポートを受けられるのが軽費老人ホームです。

 

軽費老人ホームには食事サービスが付いたA型と自炊を必要とされるB型の他に食事をはじめとした生活補助を受けることができるC型があり、この軽費老人ホームC型を一般的にケアハウスと呼びます

 

ケアハウスの中にも一般型と介護型の2種類があり、一般型は自立した生活が難しいだけで介護が必要ない人や、経度の介護を必要とする人が対象です。

 

それと比べて介護型はスタッフさんが通院に付き添ってくれるなど手厚いサポートが受けられ、要介護度が上がっても入所し続けることが可能です。

 

そのため一般型と介護型ではかかる費用にも差が出てきます。

 

ケアハウスの入居条件や費用について

ケアハウスの入居条件は一般型と介護型で異なり、一般型は個人あるいは夫婦のどちらかが60歳を超えていることです。

 

入居条件

介護型ケアハウスは65歳を超えていることに加えて、要介護度が1以上であることが基本です。
軽費老人ホームのA・B型には所得制限が設けられていて一定額の所得がある人は入居できませんが、C型のケアハウスにはその制限はありません
入居するために必要な費用は、月ごとに支払わなければならないものと初期費用のふたつがあります。

 

費用

一般型ケアハウスは初期に多くて数十万円で月に数万円から十万円代が目安です。

 

介護型ケアハウスはその大体倍程度になりますが、場合によっては初期に数百万円からそれ以上が必要とされることがあります。

 

そしてこれらは自治体や施設ごとに左右されるものです。

 

ケアハウスのメリットやデメリットについて

ケアハウス,メリット,デメリット

ケアハウスの最大のメリットは、費用を安く抑えられることです。
経度の介護が必要な状態であれば、一般的な老人ホームと比べて段違いになります。

 

ただ一般型ケアハウスは入居した後にもし要介護度が上がると、退去しなければならないというデメリットがあります。
介護型ケアハウスは要介護度に左右されないので、この点での心配は必要ありません。

 

お年寄りの数が増えてこれからもっと必要とされるであろうケアハウスは、競争倍率が高くなり簡単に入所できなくなる可能性があります。
それに伴い環境の悪いところが現れる怖れもあり、これらの点がデメリットと言えます。

 

また介護型ケアハウスの費用が大きくなると、特徴である費用面での恩恵が打ち消されてしまうことになります。

 

メリット

費用が安い

デメリット

要介護度が上がると、転居しなければならない